講師プロフィール

 

  ・教育大学卒業後、特別支援学校講師として、ハンディキャップのあるお子さんとかかわる。

  ・その後、 ハンディキャップのある方たちの入所施設で、支援員として勤める。

  ・結婚して岡崎に移り、1姫誕生。

  ・子育てをしながら、臨床発達心理士として、乳幼児健診後のフォロー施設で、発達評価や心理療法や

   療育支援、保護者からの発達相談や育児相談をしたり、成人のハンディキャップのある方たちへの支

   援を行ったりする。

  ・最近はタッチケアを取り入れた支援を広めたいと思い、医療介入が必要なお子さんやハンディキャッ

   プがあるお子さんへの小児タッチセラピー、アタッチメントベビータッチセラピーやタクティールケア

   を実践中。

“angel’s touch” プロフィール

Licence

 ・臨床発達心理士

 ・国際リドルキッズ協会&JABC認定 小児タッチケアセラピスト

 ・国際リドルキッズ協会&JABC認定 自閉症タッチケアセラピスト

 ・国際リドルキッズ協会&JABC認定 キッズインコンタクト指導者

 ・アタッチメントベビーマッサージ インストラクター

 ・タクティールケア Ⅰ 修了認定

 ・育児セラピスト 2級

 ・小学校・中学校・特別支援学校 教員免許


 Japan Power of Touch Association(日本パワーオブタッチ協会)代表

Career

“angel’s touch” の想い

これまでの様子はブログに掲載中

mixiブログ

facebook ページ

よかったらいいねお願いします

blog


 もともと障害児教育の世界で、目の前の子どもたちになにができるか、ということを

 考えて向きあってきた私。

 コミュニケーションってことばだけじゃないし、ことばがない時期の子とも、苦手な

 子とも、コミュニケーションはとれる!って思ってます。

 目の前の人と、「通じ合えた」と感じたときの喜びが原動力でした。


 多くの経験を経て、発達相談や子育て相談、療育支援に携わるようになって、お子さ

 ん自身よりも、子育てするママたちと向き合うことが増えました。

 いろんなママがいます。いろんな想いを抱えています。いろんな事情を抱えています。

 今度は、ママたちがお子さんと向き合うお手伝いをしたいなって思うようになりまし

 た。

 私が知ってることば以外のコミュニケーション方法をママたちに知ってもらって、

 「この子のこの反応や仕草はこういう意味じゃない?」「こうしたかったんじゃない

 ?」って一緒に考えること。

 ママ自身が自分が子どものときに感じていたことと、自分が親になったときに感じる

 こととのギャップに向き合うこと。


 そんな中、自分がママになって初めて感じるいろいろな想い。

 子育てって育児書や教科書通りに行かないし、何が正しいのかわからなくなってきま

 した。

 良かれと思っても失敗したり、手助けと尊重のさじ加減が難しい。

 でも、100点満点の育児なんかなくて、ずっと同じ思いで子どもと向き合うことも

 できなくて。

 だいじにしたいことが見えてきました。


 子育てをしていると、子どもを助けてくれるところに比べて、ママを助けてくれると

 ころって少ないな、と感じていました。

 子どものことが心配で、病院や市の施設に行く、そのこと自体、ママにとっては勇気

 のいること。自分のせいかもしれないって悩むママも多いですよね(そんなことない

 のに)

 お子さんへの対応は,少しずつアドバイスもらっても、それをあの手この手で行うの

 はママで、24時間子どものことだけでなく、お家のことや家族のこともこなさなく

 てはいけなくて。

 子どものためにがまんして当たり前?

 でもがまんじゃなくても、不安や無理を抱えながら毎日気を張って過ごしているママ

 がたくさんいて、悩んでいても吐き出すところや、心から相談できるところが少ない

 んだ、そう痛感したのは、相談室に入ってきて周りからの目が遮断された途端、お子

 さんの心配ごとを話すより先に、ぽろぽろと涙を流すママがたくさんいたこと。


 「まずはママ!!」

 ママのココロが落ち着くこと、安心すること、リラックスできること、一人で悩まな

 いこと、、、

 それがだいじ、って気持ちが私の中で大きくなりました。

 

 だからママが気軽に相談できる場所を作りました。

 angel’s touchのレッスンや相談やセッションは、 初めての人や人見知りの人も、ゆっ

 くり話せるように 病院や行政よりたっぷり90分を確保しています。

 タッチでもイベントでも相談でも、どのレッスンに参加していただいても、おしゃべ

 りして、ちょっとお子さんから目を離しても安心して、おいしいお茶を飲みながらホ

 ッとできて、

 あーしなさいこーしなさいではなく、さて、明日からこんなことしてみようかな、こ

 んな風にお子さんとかかわってみようかな、なんて一緒に考えてくれる人がいる場所。


 それがangel’s touchです。